• ホーム
  • 子宮外妊娠の経験があるとノーフェア72という避妊薬は使用できない

子宮外妊娠の経験があるとノーフェア72という避妊薬は使用できない

2020年04月27日

ノーフェア72はアフターピルのノルレボのジェネリック医薬品であり、高い避妊効果を期待することができます。子宮外妊娠は特に子宮外で起こる妊娠のことですが、通常卵管内で受精卵が育つことになります。気がつくことはなく胚が大きくなり過ぎれば、卵管破裂となり子宮外妊娠は生命の危険自体を伴います。常に手術や薬で医師の指示に従いながら治療をしなければいけないですし、中絶薬は無効となります。アフターピルを効果的に服用するためにはタイムリミットがありますが、急に必要になっても通販で購入すれば間に合わないことが多いです。日頃から常備をしておくことで、すぐに使うことができます。国内で承認販売されているものは、ノルレボですがこのジェネリック医薬品にあたりインドにある製薬会社が製造販売しているのがノーフェア72です。有効成分はレボノルゲストレルで、これには性液の侵入を防ぐ効果があり排卵を遅らせる働きもあります。すでに受精してしまった場合でも、子宮内膜の増加を抑えながら受精卵の着床をおきにくくします。ノーフェア72は性交後72時間以内に服用することになりますが、子宮外妊娠の経験がある場合は使用できません。72時間を超えてしまうと、避妊効果が落ちてしまうので気をつける必要があります。

子宮の入り口で警官粘膜の分泌を増やす作用があり、これが精子と卵子の着床を防ぐことができます。さらに排卵を防ぐことができますが、子宮外妊娠の経験がある場合は、婦人科で相談をして別のアフターピルを処方してもらうことが可能です。受精の危険性を回避しながら妊娠に至ることを防止するため、万が一受精した場合でも子宮内膜が増殖することを抑える作用も働きます。これにより受精卵の着床が起きにくくなりますし、アフターピルは成功以後72時間以内に服用するとされます。しかし、それ以前に服用することも可能で、さらに効果を発揮することができます。急いで飲む必要があるとされますが、医薬品なのでできる限り食事を摂取してから服用することで副作用が起きにくくなります。ノーフェアを服用することで、体内のホルモンが変化することになり、体調に変化が出る場合もあります。起こり得る副作用は吐き気や倦怠感・嘔吐などが起こりやすく稀に、頭痛などを発症させる人もいます。さらに人によっては予定外の不正出血が起こることがあり、このような症状が見られた時は一時的でも婦人科で医師診てもらうことが推奨されます。また妊娠中の人を始め、肝臓病がある人は基本的に利用することができません。稀に血栓に関わる症状が出ることもあり、血流が低下することにより手足がしびれたり、痛みを感じることもあります。薬を飲んで1時間以内に履いた場合は、錠剤も一緒に吐き出されている可能性があるので再度の見直すことが必要です。事前に吐き気が起こらないように食事をとったり、吐き止めを飲むことや医師に相談をすることが挙げられます。