• ホーム
  • 妊娠検査薬は生理予定日1週間後の使用がオススメ

妊娠検査薬は生理予定日1週間後の使用がオススメ

2020年07月09日

妊娠検査薬は生理予定日一週間後に使用することが勧められますが、妊娠が気になりそれよりも前にフライング検査をする人も多くいます。少しでも早く妊娠の可能性を知りたいために、生理予定日一週間後であるタイミングよりも前にフライング検査をする人は多く、薄い線が出るということもあります。有効期限が知りたい場合は、入っている外箱に記載されていることが多く、個包装の場合は袋に印字されていることが多いです。市販の妊娠検査薬の有効期限は、未開封の状態であれば製造から3年とされています。しかしメーカーや商品によって違う可能性もあるので、記載された使用期限を確認しながら期限を過ぎて入れば使用しないようにします。もし外箱が手元にない場合は、保管状態が良くないこともあるので新たに用意して他のものを使用した方が無難です。また有効期限を過ぎてしまっているものは、尿をかけたりつけたりして使用自体は可能ですが、判定結果が性格だとは限りません。多くのものには有効期限を過ぎたものは使用しないでくださいと記載されているため、注意が必要です。有効期限が過ぎたものを使用し陰性だった場合でも、妊娠している可能性がないとは限りません。排卵日のずれや排卵日自体の予測の誤りから、検査のタイミングが早すぎるため陰性反応が出ている可能性があります。フライング検査は正しい結果が出ないこともありますが、多くの人が行なっています。

それは着床がされたであろう妊娠3周目くらいから使う人もいますが、妊娠したら出るホルモンのhCGの量が規定量に満ちていなければ反応しません。hCGは生理予定日一週間後から平均して規定量に満ちるので、この辺りで検査をすることが良いとされているのがいつからということになります。万が一薄い線や蒸発線が出ても、この時期は化学流産しやすい時期でもあるので、その後再度検査をしたら陰性だったということがあります。これは母体に関係なく受精卵が育つまでには至らず流産してしまうことです。これはこの時期によくあることなので、早すぎるフライング検査は、妊娠に対するモチベーションを下げる可能性もあります。いつからフライング検査ができるのかわかっても、できるだけ生理予定日一週間後までまち検査をした方が良いです。蒸発線も出る場合がありますが、再度一週間後に検査をすることで正しい結果を導くことができます。hCGは卵子と精子が出会ってから、精子が卵子の中に入り込みますが核と核がここで融合すると受精が成立します。受精卵は細胞分裂を繰り返すことで、子宮口へ移動しながら6?7日目には子宮内へ付着し潜り込みます。これが着床と言われるものですが、臨床的に言えば着床することで妊娠が成立したとみなします。受精卵が着床し、妊娠が成立することで絨毛が発生するので胎盤を形成していきます。この胎盤から分泌されるのが、ヒト絨毛性性腺刺激ホルモンと言われるhCGになります。これが血中を始め尿中で検出されるようになるので、妊娠検査薬で確認が行えます。