• ホーム
  • ノルレボ錠のジェネリック、アイピル副作用は変わりない?

ノルレボ錠のジェネリック、アイピル副作用は変わりない?

2020年01月23日
笑顔の女性

アイピルはノルレボ錠のジェネリック医薬品で、有効成分や配合量が全く同じです。しかし添加物が異なりジェネリック医薬品は、比較的開発費用が安く抑えられるので有効成分や効果が同様でありながら、比較的安く購入することができるのも特徴になります。会いピルの避妊効果はノルレボ錠と同様で、服用する時間が早ければ早いほど避妊効果が高くなります、ノルレボ錠の避妊効果データと同様になりますが、性行為の後24時間以内に服用することで95%の避妊阻止率を得ることができます。また49〜72時間の服用は58%まで下がるため、避妊の失敗に気がついたときはすぐに対処するようにします。アイプルはいつまでに服用するかが大切で、72時間以内に服用するアフターピルとなっています。しかし72時間が経過した後に服用しても、ある程度までは効果があることもわかります。アイピルは服用が遅れるとそれだけ避妊効果が下がるので、それ以降に服用したときは58%以下の妊娠阻止率になっています。新しいタイプのアフターピルは120時間で5日以内であれば、避妊効果が衰えることなく使用できます。アイピルはノルレボ錠に比べると副作用が少ないことがわかっており、アイピルを使った緊急避妊法はほとんどの人に起こらないとされています。しかし頭痛や吐き気・倦怠感や眠気などが挙げられますが、胸のハリや下腹部の痛みなどが起こることもあります。このような症状は数時間で改善されるので、いつまで続くのか気にすることもありません。アイピルが将来の妊娠に影響したりすることもありませんし、服用後に妊娠した場合胎児に影響を及ぼすこともないです。

アイピルを服用できない人もおり、体質的な問題なので注意をする必要があります。重篤な肝障害がある人や、妊娠中の人が挙げられます。また服用に注意が必要な人は、肝障害がある人や心疾患・腎疾患や過去におこった人で医師に相談をします。副作用などの関係でアイピルの成分は母乳に移行するので、服用してから24時間以内は授乳を避ける必要があります。肥満体型の人は避妊効果が低下することもありますし、体格指数が26以上になれば避妊効果が低下する可能性も視野に入れます。また副作用として腹痛や頭痛が起こることもありますが、数時間で解消されるので安全に服用することができます。腹痛などが治らない場合は、専門医に相談することが推奨されます。緊急時は病院で購入することができ、診療している日に行くことで当日にもらうことができます。基本的に内心はなく問診のみで行うところはほとんどで、問診にて医師が服用をしても問題ないと判断すれば処方されます。アフターピルは自由診療なので各病院で価格が設定されていて、それぞれ設定価格が異なっているのも特徴です。アイピルのようなジェネリック医薬品は、約10,000円で処方されていることが多いです。しかしノルレボ錠のジェネリック医薬品を取り扱っている病院は少なく、ノルレボ錠しか処方してもらえない場合がほとんどになりますので通販された方がよいかもしれません。緊急用にアイピルを通販で頼んでおくと便利なので利用してしてみてください。