笑顔の女性とカプセル
色々なカプセル

アフターピルは性行為で避妊に失敗してしまった時など、望まない妊娠を避けるために用いる緊急避妊薬です。緊急避妊薬はホルモン剤ですが、服用することにより受精卵の着床を防ぐことができます。別名で事後避妊薬とも呼ばれていて、海外では一般的に取り入られている方法です。普段の避妊方法としてコンドームを使用している場合は、いざという時のために手元に用意しておくことも一つの方法です。女性ホルモンに関わる避妊方法であくまでも緊急避妊法なので、ある程度は女性の体に負担がかかります。そうならないためにも普段は、負担がかからない確実な避妊法として低用量ピルが主流になっています。72時間以内に服用することで99.9%避妊に成功するとされており、月曜の夜に避妊に失敗した場合は木曜の夜までに受診することで間に合うとされます。副作用は吐き気や嘔吐・頭痛が主な症状で、これらは服用してから24時間以内に治るのであまり気にならない人もいます。実際に副作用で嘔吐する人の確率は1%以下とされているので、副作用はほぼないと言っても過言ではありません。望まない妊娠を継続し中絶手術をすることになれば、麻酔に伴うリスクや身体的なリスク・経済的や精神的な負担もあるので、それに比べると負担が少なくなります。

またアフターピルで不妊症を引き起こしたり、後遺症があることはないので安心して服用することができます。この副作用も含め気分が悪くなったりして吐いてしまった場合は、この症状が24時間継続することありませんが、服用してから2時間以内に吐くことがあれば、一緒にアフターピルが吸収される前に吐き出されている可能性が高いです。その場合は追加でもう一度1回分の薬の服用が必要になります。吐く可能性は極めて低いですが、全て吐いてしまうと吸収されておらず効果がなくなるので追加する必要があります。いつまでに服用するかは専門医師に相談する必要があり、避妊を失敗した可能性がある場合です。コンドームが外れたり、破れたりした時や、低用量ピルを飲み始めたが7日以内に3日以上の飲み忘れている場合も服用します。また低用量ピルをいつまで飲み忘れているかを知る必要がありますが、医師に相談し適切な指示のもと対応していきます。アフターピルがあれば普段は避妊しなくても、ピルを飲めば大丈夫だという人もいますがそうではなく100%避妊できる可能性がないです。あくまで避妊に失敗した時の最終手段として使うことができ、アフターピルを普段の避妊法として使用することは推奨されません。アフターピル服用後にさらに避妊のされない性行為があれば、妊娠する可能性があるので気をつけます。緊急避妊ピルを服用した後は、避妊の成功が確認できるまでは適切な避妊法を取り入れるか性行為は控えます。またピルには性感染症の予防効果がなく、コンドームを使用しなかったり、破れてしまった場合妊娠とは別に性感染症への感染の問題が出てきます。

アフターピルの副作用として吐き気・嘔吐や頭痛がありますが、これらは全て一時的なもので心配な時は一緒に吐き止めを処方してもらう方法もあります。さらにアフターピルを服用してから2時間以内に吐き気を催し、吐いてしまった時は医師に相談をする必要があります。しかしピルを服用してから2時間を経過している場合は、特に心配する必要はなく必要な成分は吸収されています。さらに主治医の指示に従い服用するようjにし、アフターピルを性行為から72時間以内に服用することで妊娠阻止率が高まります。それを過ぎた場合でも120時間以内の服用は、避妊効果が若干落ちますがある程度は期待できるので医師に相談します。120時間を超えた服用はほぼ避妊効果が保証されてないので、他の対応を考えていきます。